/

この記事は会員限定です

中国共産党支配の行方 日米中の専門家3人に聞く

国分良成氏/胡鞍鋼氏/アンドリュー・ネイサン氏

[有料会員限定]

中国共産党は7月に結党100年を迎える。経済発展の実績を誇示する一方、習近平(シー・ジンピン)体制下で強権への傾斜や米欧との摩擦は止まらない。過去に1989年の天安門事件などの体制危機も経験した共産党支配の行方はどうか。日米中3カ国を代表する専門家に聞いた。

◇  ◇  ◇

独裁維持、強権しかない

中国共産党の性格は結党以来の革命期、新中国の建国後とも本質的に変わらない。そこには3つの特徴がある。

中国共産党の歴史は権力闘争...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3956文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン