/

「聖地」の竹林、安らぎの場 若竹の杜 若山農場(宇都宮市)

おもてなし 魅せどころ

NIKKEI MJ

タケノコなどの農産物の生産を手掛ける「若竹の杜 若山農場」(宇都宮市)は、手入れの行き届いた約15ヘクタールの広大な竹林の農場を観光向けに一般公開している。柵もなければ看板もなく、自由に散策し、寝転がったり、写真を撮ったりして自然を楽しめる。大人も童心に戻れる仕掛けが来場者を楽しませている。

高さ8メートルの巨大なブランコは大人も楽しめる

JR宇都宮駅からバスで30分。さらに10分ほど歩いたところに「若竹の杜」はある。実は現役のタケノコ農場だが、大人500円(こども250円)の料金を支払えば自由に場内を散歩できる。

場内は竹が密集し、方向感覚を失うほど。一歩足を踏み入れると、風に揺れる竹の葉のざわめきとウグイスなど野鳥の鳴き声に包まれる。

砂利道をそれて、実際に竹林に踏み入ることもできる。歩くとふわふわした土壌の感触が靴底から伝わってくる。「竹は地下茎が発達し、地中に網の目のように広がっている。その上をいくら歩いても地下茎がクッションの代わりになる」(若山太郎社長)という。

茨城県から家族で訪れた和久井由布子さんは「自然が好きで、ここなら密にもならない。子供だけでなく、大人もさわやかな気持ちになれる」と満足げだ。

写真映えするスポットを各所に配置している。生きた竹を支柱にして8メートルの高さからつり下げた巨大ブランコは、大人も乗ることができる。併設する茶屋では青竹の茶器に入った抹茶と場内でとれた栗の和菓子で一服する。

日没後のライトアップも好評だ。7月からは七夕やほたるをイメージした期間限定のイルミネーションを予定している。他にも道沿いを竹の灯籠で照らしたり、竹を使った光るトンネルなど来園者に非日常の空間を提供する。こうした地道な工夫が功を奏し、コロナ下の2020年の来場者数も前年並みの4万人を維持した。

若竹の杜が注目を集めたきっかけは14年に映画公開された「るろうに剣心 伝説の最期編」の撮影に協力したことだ。その後、ロケ地として映画「キングダム」や歌手の椎名林檎さんのミュージックビデオの撮影にも使われ、徐々に知名度を上げていった。

当時は若竹の杜を一般開放してはいなかったが、映画を見てファンが「聖地巡礼」として立ち寄るようになった。農場を見た人たちが「竹がきれい」と語り合う様子を若山社長が目にして17年に公開を決めた。

20年12月からは竹林に張った大型テントで宿泊できるサービスを始めた。レストランの新設も検討しているという。観光という側面で農場が持つ潜在力を生かす取り組みは、地域再生の1つの方向性を示しているといえそうだ。

(宇都宮支局 桜井豪)

[日経MJ 観光・インバウンド面 2021年6月21日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJをPC・スマホで! まずは1カ月無料体験

消費と流通の未来を先取りする、最先端の情報を発信。「日経MJビューアー」ならスマホ・タブレット・PCで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験。

日経MJをPC・スマホで! まずは1カ月無料体験

消費と流通の未来を先取りする、最先端の情報を発信。「日経MJビューアー」ならスマホ・タブレット・PCで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン