/

この記事は会員限定です

伊集院静「ミチクサ先生」(372)

[有料会員限定]

新聞連載をはじめると、作家の下には掲載紙が配達される。金之助の早稲田の家には東京朝日と一日遅れの大阪朝日が届いた。

『虞美人草』はなぜか大阪で人気だった。三越呉服店の企画した、"虞美人草浴衣"の反物も開店したばかりの大阪での売れ行きが好調だった。

着物の柄ひとつにしても関西と関東(東京)では好みが違うが、『虞美人草』が関西で受けたのは、連載が京都の場面から始まったこともある。

金之助は小説以外の記事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り756文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン