/

この記事は会員限定です

伊集院静「ミチクサ先生」(369)

[有料会員限定]

明治という時代はすでに四十年が過ぎていた。江戸期の長い封建社会が終焉(しゅうえん)したのち、明治政府は新しい国家体制を確立しなければならなかった。藩を廃し、日本という国を天皇の下に統治し、憲法を制定して立憲国家を築くために何もかもを一からはじめた。明治維新のきっかけになった欧米列強からの開国の要求に応えられる国家が必要だった。

そのために国家の中軸となる人材に欧州を視察させ、法律や税制などの仕組み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り806文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン