/

クラブハウスの支援プログラムに選出 和菓子ブランド、米から拡散へ

先読みウェブワールド (野呂エイシロウ氏)

NIKKEI MJ

ちょうど1週間前、全米女子オープンゴルフで笹生優花選手が優勝を果たした。筆者もゴルフスクールでクラブを振るのを忘れて見ていた。このようにひのき舞台で活躍するのは本当にうれしい。今回はそんな米国で活躍する女性起業家を取り上げたい。

クラブハウスの支援プログラムに選ばれた

彼女の名前は三木アリッサ氏。2019年11月、米ロサンゼルスで創業した和菓子ブランド「MISAKY.TOKYO(ミサキ・トウキョウ)」の最高経営責任者(CEO)である。

筆者も興味本位で米国から取り寄せて食べてみた。クリスタルトリートと言われる石のようなお菓子である。しかもヴィーガンで無添加。ノリなどの天然素材からできているのだ。

そんなMISAKY.TOKYOが、この春、一世を風靡した「クラブハウス」のクリエーター支援プログラムに選ばれた。ゲストやタレントとのマッチングやPR、経済的支援を受けられるという。

早速、ロサンゼルスの三木氏に「Zoom(ズーム)」でインタビューをした。「世界5000人以上の応募者のなか、合格でき、本当にうれしい。これからも日本と世界をつなげる存在になれるよう努力していきたい」と語ってくれた。

彼女の経歴は実にユニークである。ニューヨーク生まれの彼女は、早稲田大学在学中にプリザーブドフラワーの専門ブランドを立ち上げに参画。その後日本酒ベンチャーや藤巻百貨店の新規事業立ち上げにも参加。さらにイスラエルの専門商社にも勤務した。その後、この和菓子会社を立ち上げた。

そんな彼女がなぜ、今回のアクセラレータプログラムに申し込もうと思ったのだろうか? 「日本の伝統を伝えるために、より拡散力を持たなければならないと痛感した」と話す。「和菓子のD2C(ダイレクト・ツー・コマース)を立ち上げ後、アカデミー賞前夜祭に招待され和菓子を提供したり、2億人フォロワーのいる世界的セレブ、キム・カーダシアンさんとコラボしたりした。しかし同時に様々な困難があり、アジア人・女性であることの立場の弱さも感じた」という。

のろ・えいしろう 愛知工大工卒。学生時代から企業PRに携わり、出版社を経て日本テレビの「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」で放送作家デビュー。戦略PRコンサルタントとしても著作多数。愛知県出身。

今、世界では「ビーガン」「グルテンフリー」市場が伸びている。そこで三木氏は、和菓子はもともとビーガンでグルテンフリーで、おいしく美しいというところを着目し、拡散を目指しているという。しかし和菓子とクラブハウスの相性はどうなのだろうか?

「クラブハウスでは、音を通じてクッキングクラスが開催されている。映像がないからこそ想像力がかき立てられ、よりおいしそうに感じることができる。今後クラブハウス創業者の奥さんと和菓子のクッキングクラスを行う予定で、あらゆる可能性を作っていきたい」と情熱を語る。

クラブハウスはもうからないと筆者は考えるが、そのあたりはどんなふうに考えているのだろうか? 「それは短期的な視点だと思う。日本屈指のユーチューバー、ヒカキンさんも、長年かけて今の地位を築いた。クラブハウスはまだ立ち上がって1年もたっていない」

筆者も思わず反省。とにかく、アグレッシブな女性で破天荒だ。今後の活躍を見守りたい。

[日経MJ2021年6月13日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJをPC・スマホで! まずは1カ月無料体験

消費と流通の未来を先取りする、最先端の情報を発信。「日経MJビューアー」ならスマホ・タブレット・PCで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験。

日経MJをPC・スマホで! まずは1カ月無料体験

消費と流通の未来を先取りする、最先端の情報を発信。「日経MJビューアー」ならスマホ・タブレット・PCで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン