/

この記事は会員限定です

安全なAI、どう実現

北野宏明氏/フランチェスカ・ロッシ氏/寺田麻佑氏

[有料会員限定]

人工知能(AI)はデータの活用が進む一方で、差別や偏見を増幅させる危険もある。欧州連合(EU)は4月、AIを規制する法律の草案をまとめた。リスクを分類しレベルに応じて禁止したり、規制をかけたりする。進化するAIを社会はどう制御するのか。内外の識者に聞いた。

◇  ◇  ◇

倫理はAIの性能要素 ソニーグループ常務 北野宏明氏

AIが生活の多くの場面で使われるようになり、具体的な危険性が発生するようになった。そのためAIを開発・利用する企業や政策決定者も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3986文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン