/

この記事は会員限定です

企業統治、米欧とアジアの差縮小 ジェイミー・アレン氏

アジア企業統治協会事務総長

[有料会員限定]

2年に1度、アジア太平洋諸国・地域の企業統治(コーポレートガバナンス)を調査し「CGウオッチ」というランキングを発表している。証券会社CLSAと協力して、コーポレートガバナンスに関する法制度や企業の情報開示の質量などを分析する。市場関係者が自国・地域の市場改革を議論する際に役立ててもらうためだ。

5月に発表した2020年版は、上位にはオーストラリアや香港、シンガポールの常連が並ぶ。次いで中位グルー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1697文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン