/

この記事は会員限定です

木瀬照雄(1)人を思うトイレ

「不自由なく使える」目標に 現場に近い人から多くを学ぶ

[有料会員限定]

「目を閉じて、トイレに行くことはできますか」

自宅なら大丈夫だろう。でもオフィスや駅ではどうだろうか。男性用や女性用、バリアフリートイレはどうやって見分けが付くのだろうか。音声案内があればわかるが、トイレットペーパーはどこにあり、流すボタンやレバーまでは教えてくれない。手はちゃんと洗えるか。私には目を閉じて初めて使うトイレの壁をペタペタ触る勇気はない。

見た目がいいトイレであっても、体の不自由な人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1088文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

木瀬照雄

温水洗浄便座「ウォシュレット」で有名なTOTOはトイレ、ユニットバス、システムキッチンなどを製造するグローバル企業です。木瀬照雄さんは小倉(北九州市)に本社を置くTOTOを世界的企業にした立役者の一人です。販売の最前線で活躍し、住宅のリフォームを通して新しい生活を提案する「リモデル」という戦略を打ち出しました。人に優しい生活環境を追い求めた木瀬さんの半生を振り返ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン