/

この記事は会員限定です

地域医療を立て直す

湯崎英彦氏/猪口雄二氏/松山幸弘氏/渡辺幸子氏

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大は地域医療の問題点を浮き彫りにした。感染者を受け入れる病院がなかなか増えず、綱渡りの病床確保を強いられている自治体は多い。中長期では医療費の膨張を抑える必要もあり、危機対応力と効率を同時に高めることを迫られている。当事者と識者に改革の道筋を聞いた。

◇  ◇  ◇

患者受け入れ義務化も 広島県知事 湯崎英彦氏

広島県では足元でコロナ感染が急拡大している。4月に(転勤者らに)集中的なPCR検査を実施したが、感染拡大に追...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3851文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン