/

この記事は会員限定です

18世紀末ポーランドにもう一つの「5月3日憲法」

230年前に成立 先進性に注目し35年にわたり研究 白木太一

[有料会員限定]

5月3日は言わずと知れた日本の憲法記念日だ。実はこの日は、日本から8500キロメートル以上隔たったポーランドでも同じく、憲法を記念する祝日となっている。230年前の1791年に制定されてわずか1年で効力を失った「5月3日憲法」をたたえてのことだ。

この憲法は、同国で長く続いた独特の共和政に西欧の啓蒙主義の理念を取り入れた、近代欧州初の成文憲法である。時代に合ったかたちに国を立て直そうとする、画期的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1208文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン