/

この記事は会員限定です

伊集院静「ミチクサ先生」(348)

[有料会員限定]

金之助に朝日新聞社入社を請うた主筆の池辺三山が、入社に際しての金之助の要求をすべて呑(の)んだと書いた。それでは金之助にいかにも有利な契約だったと思われようが、それは違う。

相手は新聞社である。一介の教師に振り回されるはずがない。交渉が三度に及んだのは、金之助に新聞小説をいかに書かせるかであって、連載中は欠勤しても良し、という項目など、池辺三山の掌中の話だ。契約には、年に二度、百回程度の連載小説を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り780文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン