/

この記事は会員限定です

吉行和子(23)一人芝居

明治期 欧州に渡った女性 現地でも上演 兄が「合ってる」

[有料会員限定]

1983年に初めて一人芝居をやった。演出家の大間知靖子さんに誘われてのことだが、いつも即断即決の私が、珍しく1年ほど迷った。舞台の責任を一人で負うのは、さすがにたいへんだ……。でも、できそうにないと思うと、つい飛び込んでしまう。私はそういう性格である。

フランスの小説をもとにした「小間使の日記」で、ジャンヌ・モローが主演した映画が知られる。金持ちの家に入った小間使いが事件に巻き込まれる話で、映画で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1149文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

吉行和子

テレビドラマや映画でおっとりと優しい存在感を放つ女優の吉行和子さんは、幼いころからぜんそくに苦しんだことで、精神的に鍛えられたといいます。連載では97歳まで現役美容師を続けた母あぐりさん、作家の兄淳之介さん、妹の理恵さんら、個性的な家族のエピソードが読みどころです。幅広く活躍する女優として、石原裕次郎、宇野重吉、杉村春子ら、これまで出会った名優やスターの思い出も披露してくれます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン