/

この記事は会員限定です

中国との「競争的共存」目指す米国 イアン・ブレマー氏

米ユーラシア・グループ社長

[有料会員限定]

米中関係は対決色を強めている。バイデン米大統領は国内での政治リスクがあまりに高いため、対中関係を「リセット」する方策を探れない。中国の覇権構想を容認できないという点については、米政界の意見は党派を超えてほぼ一致しているからだ。

つまり、短期的には両国は追加関税や経済制裁の応酬を続けるだろう。他の国々にとっては、バイデン政権がこの米中対立の構図を自国に押し付け、どちらか一方を選ぶよう迫って来ることが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1724文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン