/

この記事は会員限定です

複眼人 呉明益著

地球環境を問う神話的世界

[有料会員限定]

人生という物語は、不思議なプロット(筋立て)を隠しもつことがある。そのプロットの作者は謎めいた他者であり、そのちょっとした行為や言葉や仕草(しぐさ)から、われわれはときに人生=物語の全体を貫くような、忘れがたい啓示を得るのである。

呉明益はそのような秘密のプロットに強く感応してきた作家である。台北の「中華商場」を舞台にした代表作『歩道橋の魔術師』では、橋上の名もない魔術師との出会いが、幼年時代の強...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り703文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン