/

この記事は会員限定です

結婚という物語 タヤリ・ジョーンズ著

妻は冤罪の夫を愛せるのか

[有料会員限定]

結婚、離婚、再婚をする。あるいは生涯結婚しない。いずれにしても、結婚という制度は一人の人生に大きな影響力を持っている。この小説は、アメリカの黒人の新婚夫婦に起こった冤罪(えんざい)事件を軸に、当事者とその周りの家族や友人の心の動きを、3つの視点から多層的に探り、結婚という制度に対する問いを投げかける。

結婚してわずか1年半のある日、夫のロイが強姦の疑いで投獄され、懲役12年の刑が下る。妻のセレスチ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り748文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン