/

車業界もオープンソースに

新風シリコンバレー 米インタートラストテクノロジーズマネジャー フィル・キーズ氏

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞日経産業新聞 新風シリコンバレー

筆者は長い間にオープンソースの業界活動をフォローした。最近、自動車産業の変化をみて近い将来にオープンソース・ソフトウエアは自動車産業でも主流になる可能性を感じている。

カリフォルニア大学バークレー校在学中に交換留学で来日。日本のIT(情報技術)産業にも詳しく、技術誌やウェブサイトなどでジャーナリストとして活動。日本での勤務経験もある。

一般的に「オープンソース=無料」と考える人は多いが、ソフトウエアをコミュニティ開発に委託するのは、業界に開発の負担を共同にさせることにある。ある意味、オープンソース・ソフトウエアは業界のインフラとも言える。

コンピューティング業界でオープンソースが普及したのは、コンピューター技術の汎用化が主流になったことが契機だ。自動車の電動化や自動運転へのシフトで、その環境は自動車業界でも実現されつつある。

スタートアップのREE Automotive社は、多種類の電気自動車(EV)で活用できるプラットフォームの開発を手掛けている。自動車部品大手のマグナ・インターナショナルはこのプラットフォームを採用して自動車を開発すると公表した。

電気製品の製造受託メーカー大手、鴻海(ホンハイ)精密工業もEVの製造を開始する計画を明らかにした。自動運転の分野ではエヌビィディアやスタートアップがEV専用の半導体の開発にも手を広げている。

コンピューター技術の汎用化に伴ってスタートアップが市場に飛び込んできて、オープンソースの普及にも貢献していた。大手自動車メーカーは自社開発車を差別化していくため、しばらくは自社内でソフトウエア開発を続けるだろう。

独フォルクスワーゲン(VW)も3兆円を超える資金をソフトウエア開発にあてるのは、その象徴例とも言える。

しかし、現在、多数の企業はEVや自動運転車の市場を狙っている。数多いスタートアップに加えて、ベトナムのVingroup社やインドのMG社といった新興国の自動車メーカーも、こぞってこの市場に参入している。

今まで主に電気製品を手掛けてきたソニーや米アップル、中国の小米(シャオミ)も興味を示している。オープンソース・ソフトウエアに興味を持つ企業は増えてくるだろう。

自動車産業にすでにオープンソース・ソフトウエアが採用されている。「Automotive Grade Linux」と呼ぶプロジェクトは12年から大手自動車メーカーを含めて、多数の企業が参加している。同プロジェクトは以前、高度道路交通システム(ITS)として注目されたが、現在はほとんどの自動車向けソフトウエアが視野に入っているという。

日本のスタートアップであるティフォーは自動運転車のオープンソース・ソフトウエア分野で活動をしている。ベンチャー企業Open Motors社はオープンなモジュール型自動車も開発をしている。

オープンソース・ソフトウエア運動の始まった時、大手IT企業の興味は低かった。しかし現在、マイクロソフトを含めて、すでに全ての大手は関心を持っている。いずれ自動車産業も同じ道をたどるだろう。

[日経産業新聞2021年5月4日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン