/

この記事は会員限定です

伊集院静「ミチクサ先生」(323)

[有料会員限定]

金之助が南の庭で小椅子に腰を下ろしていると、車屋の親方があらわれて挨拶した。

「先生、紅葉でも見物にいらしてはどうでしょう」

金之助が親方をじっと見ると、「お車賃(だい)はいりません」と言うので、金之助は誘いに乗った。

戸山の箱根山から牛込界隈(かいわい)を見下ろしながら親方が言った。

「ロシアとの戦争は本当にあるんでしょうか」

普段、威勢の良い、江戸っ子のままでいる車屋の親方が少し憂いを顔に浮かべ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り653文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン