/

この記事は会員限定です

日本史のネコ(10) 「斎藤月岑日記」嘉永四年十月二十一日条(部分)

東京大学准教授 藤原重雄

[有料会員限定]

幕末の江戸、両国橋のたもとで、生きている虎が見世物となった。見物してきた町名主で地誌編者の斎藤月岑(げっしん)は、日記の余白にその動物を描き、口上や看板を踏まえた観察を書き添えている。

豊後(大分県)から生け捕ってきたもので、小犬の大きさで尾が太く、とても太っていて、薄鼠(うすねずみ)色に茶色の斑があり、生餌(いきえ)を食した。別の随筆では、鳴き声が聞こえないように拍子木でごまかしていたといい、月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り300文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン