/

この記事は会員限定です

東哲郎(26)日米融合の壁

「対等」掲げ交渉 同意得る 準備着々 社名「エタリス」発表

[有料会員限定]

2013年3月半ば、米アプライドマテリアルズの幹部、マイクとゲリーら3人が統合交渉のため来日した。東京エレクトロン側は私を含め7人。極秘のため会社では会えない。都内にあるホテルの会議室を押さえた。

私たちは交渉の前提としてアプライドと合意すべき基本条件を用意していた。先方がそれを理解し、本気になってもらわなければならない。アプライド側の考えをこちらが把握する必要もある。この日の会談で達成すべき重要なポイントだった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東哲郎

日本最大、そして世界3位の半導体製造装置メーカー、東京エレクトロン。ベンチャースピリットに満ちた同社トップに40代半ばの若さで抜てきされたのが東哲郎さんです。ITバブルの崩壊による業績悪化、幻に終わった米社との経営統合……その道のりは決して平たんなものではありませんでした。パソコンからスマートフォンへと主役が交代する激動の時代を舞台に、挑戦の物語が繰り広げられます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン