/

この記事は会員限定です

ヒップホップ・モンゴリア 島村一平著

外来文化を飼いならす作法

[有料会員限定]

人類学者が書くモンゴルの民族誌(エスノグラフィ)といえば、草原と遊牧民の姿が目に浮かぶ。そんなステレオタイプを一新させる野心的作品だ。

現代のモンゴルでは、人口の約半分が首都ウランバートルに集中する。2000年代以降、鉱山資源開発が進み、経済が急成長する一方、貧富の格差は広がり、大気汚染も深刻化した。そんな社会不安がモンゴルでヒップホップが爆発的に流行する背景にはある。

中心となる舞台は、ウランバ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り744文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン