/

この記事は会員限定です

踊る熊たち ヴィトルト・シャブウォフスキ著

「自由の実験室」が課す痛み

[有料会員限定]

「甘やかす」といえば、それはただ「かわいがる」という意味ではない。そこには「ダメにする」というニュアンスが含まれている。いくら人間が動物に餌をやって甘やかしても、しょせん、それは「懐柔」や「洗脳」や「虐待」なのだ。

そんな反省をもこめ、昨今は、動物の家畜化全般とまでは言わないまでも、サーカスでの調教や、動物園での陳列など、すべて「動物の権利」の侵害にあたるのではないかという見方が優勢である。

本書...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り713文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン