/

この記事は会員限定です

東哲郎(23)東日本大震災

被災工場に働く社員の姿 「生きがいある会社に」心に誓う

[有料会員限定]

その日、私は鳥取県にいた。半導体製造装置の電源をつくる取引先の工場を視察するためだ。会議中、緊急の連絡が入った。「東日本が地震で大変なことになっている」。2011年3月11日の午後3時前だ。

東京エレクトロンは岩手県の江刺、宮城県の松島に工場がある。仙台に近い大和町にも工場を建設していた。すぐ帰京しなければならない。その日は陸路で大阪まで移動し、翌朝一番の飛行機で羽田に飛んだ。赤坂の本社に直行した。

帰宅できずオフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東哲郎

日本最大、そして世界3位の半導体製造装置メーカー、東京エレクトロン。ベンチャースピリットに満ちた同社トップに40代半ばの若さで抜てきされたのが東哲郎さんです。ITバブルの崩壊による業績悪化、幻に終わった米社との経営統合……その道のりは決して平たんなものではありませんでした。パソコンからスマートフォンへと主役が交代する激動の時代を舞台に、挑戦の物語が繰り広げられます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン