/

この記事は会員限定です

日本史のネコ(7) 「足利将軍若宮八幡宮参詣絵巻」(部分)

東京大学准教授 藤原重雄

[有料会員限定]

源頼義が邸内に八幡神を勧請したことに由来する若宮八幡宮は、足利将軍の崇敬も篤(あつ)かった。その参拝の様子を描いた絵巻は、六条左女牛八幡宮などと呼ばれた往時の境内を知る絵画史料でもある。

築地塀で囲まれた一郭には「公文所」と注記され、現地で運営実務が行われた建物だろう。その縁側で、扇(中啓)を持った子ども(稚児)が、猫をあやしながら近づこうとしている。這(は)いつくばるようにも見えるが、独特の愛ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り306文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン