/

この記事は会員限定です

経済回復、「格差縮小」カギに モハメド・エラリアン氏

英ケンブリッジ大クイーンズカレッジ学長

[有料会員限定]

古いジョークに「最悪の敵が、あなたの新車を運転して崖から転落するのを想像してみてほしい」というものがある。最悪の敵の死を喜ぶのか、それとも自分の車が破壊されてしまったのを悲しむのか。2021年に期待され、必要とされる世界経済の回復も、多くの人にジレンマをもたらすかもしれない。各国の政策や国際的な調整を見直さなければ、国家間でも国内でも極めて不均等な経済回復となるだろう。今後の成長が、本来あるべき姿...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1728文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン