/

未稼働エンジンの活用を

SmartTimes WAmazing代表取締役社長CEO 加藤史子氏

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞日経産業新聞 Smart Times

スイスのシンクタンク「世界経済フォーラム」(WEF)はこのほど、世界各国の男女格差を測る「ジェンダー・ギャップ指数」の最新ランキングを発表した。2020年の日本の順位は156カ国中120位。主要7カ国(G7)中でも堂々の最下位である。昨年の日本の順位は121位なので順位自体に驚きはないが、別の理由で私はひそかに感嘆していた。

慶応大卒、1998年リクルート入社。ネットの新規事業開発を担当した後「じゃらんリサーチセンター」に異動し、観光による地域活性化事業を展開。2016年WAmazing創業。

人口の約半分の社会参画を促進しなくても日本は世界の主要7カ国であり、米国や中国に次ぐ世界第3位の経済大国なのだ。人口は国力に大きく影響するが、日本は半分のエンジンで世界レースの先頭を走っている。フル稼働して日本をけん引しているエンジンは中高年の男性なので該当する皆さんは大いに自信と誇りを持っていただきたい。

諸外国はエンジンを半分休眠しておく余裕はない。例えば、シンガポールの人口は兵庫県とほぼ同じ560万人程度。限られた人的資源を最大限に活用するための能力主義を推し進めてきた結果、女性の就業率は7割を超えている。

また、当社(WAmazing)は訪日外国人旅行者事業のため中国・上海にも子会社があるが、現地で採用活動をしていると子育て中の女性もとても積極的に応募してくる。育児は祖父母の仕事、と言い切る方もいる。

それを聞きながら私は漠然と鄧小平氏の「白いネコでも黒いネコでもネズミを取ってくるのがいいネコだ」という名言を思い出す。社会主義国家に市場経済原則を導入するという前例なき取り組みを推し進めた同氏は徹底的な実用主義者であった。

国土交通省が昨年11月に実施した「企業等の東京一極集中に係る基本調査」によれば東京圏外出身のうち東京圏へ流入している女性は、他の女性に比べ「出身地の人たちが夫は外で働き、妻は家庭を守るべきという意識をもっている」と考えている人の割合が最も高かった。

東京圏への地方からの移住の背景となった理由として男女ともに共通するのは希望の仕事や進学先が地元にはないことだが女性に限っては「日常生活の不便さ」「娯楽の少なさ」「人間関係・コミュニティの閉塞感」「地域の文化や風習が肌に合わない」などの理由が男性に比べて突出していたのが面白い。

「女性はこんなに虐げられている」という「女性抑圧論」も根強いが、コロナ禍に加え、抑圧論では気持ちも暗くなる。人生全般に貪欲な女性のわがままに社会がどう応えるか、という「女性欲望論」に基づいて実用主義的に社会が利を得ることを提案したい。

アフターコロナの時代に、半分の休眠エンジンを稼働させられたら日本の未来はかなり明るいだろう。孤軍奮闘するエンジンである男性陣も少しは羽を休められるかもしれない。

[日経産業新聞2021年4月14日付]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン