/

この記事は会員限定です

碓井稔氏(29) ウオッチ事業にも独自性

セイコーエプソン会長 夢を力に究め極める

[有料会員限定]
 祖業であるウオッチ事業の事業環境は良くなかった。

セイコーエプソンの起源がウオッチであることは以前にお話ししました。私が2008年に社長に就いた当時、デバイス事業に比べて規模は小さかったもののウオッチ事業も厳しい環境に置かれていました。ウオッチを中心とした精密機器事業の09年3月期の営業損益は20億円近い赤字で、収益改善の見通しが立たない状況でした。

エプソンは創業以来、自社で腕時計の開発から製造までを手掛けて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り959文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

詳細はこちらから

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン