/

smash.が開く新たなメディア 縦型アプリ、個の時代とマッチ

先読みウェブワールド (野呂エイシロウ氏)

NIKKEI MJ

筆者は放送作家である。放送業界は小さくなっているかもしれないと肌で感じることがある。何よりも予算が少なくなっている。NHKも衛星放送やAMラジオの合理化などを進めている。テレビ業界では「ネットフリックスの制作予算が羨ましい」「ネットに食われる」などという話も少なくないのが実情だ。

smash.はニッポン放送や日本テレビとも組んだ

そんな中、SHOWROOM(ショールーム)の快進撃が止まらない。ニッポン放送や日本テレビとタッグを組んで、それぞれの独自番組を始めた。

その中核となるのが、「smash.」である。昨年10月にKDDIのサポートを受けて誕生したバーティカルシアター(縦型映像)アプリで、韓国の「BTS」や、アイドルグループの「Hey!Say!JUMP」などのアーティストのオリジナルコンテンツを楽しむことができる。

画面は縦向きなので、スマホの向きを変える必要性がない。無料でも楽しめるが、月額550円でプレミアム会員になるとすべて見られる。

今年3月には、ニッポン放送と「オールナイトニッポンX(クロス)」の同時放送をはじめた。「若年層はラジオもスマホの『radiko(ラジコ)』で聴くのが当たり前の今、スマホ世代に向けてオールナイトニッポンの新ブランドとsmash.の掛け合わせで新時代のメディアを創造していく」とニッポン放送の檜原麻希社長は語る。

「オールナイトニッポンX」は24時(午前0時)からスタート。YOASOBIやフワちゃんなどがパーソナリティーを務める。smash.ではラジオのスタジオの様子がそのまま配信されている。

のろ・えいしろう 愛知工大工卒。学生時代から企業PRに携わり、出版社を経て日本テレビの「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」で放送作家デビュー。戦略PRコンサルタントとしても著作多数。愛知県出身。

「今、世界的にオーディオメディアのコンテンツがポッドキャストなどの流行もあって、注目されている。魅力的なコンテンツの発信継続こそがラジオの未来を決めると思う」と檜原社長。一方、SHOWROOMの前田裕二社長は、「ラジオの1番の魅力は、その『パーソナル性』にあるように思える。その特質は、smash.とも共鳴する」と話す。

確かにテレビは家族で一緒に見ることがあってもラジオ、特に深夜番組は個人との結びつきが強く、スマホアプリと相性は非常にいい。筆者も学生時代は、中島みゆきさんのオールナイトニッポンを欠かさず聴いた「ハガキ職人」でもあった。だからこそ今回のタッグには興味津々である。

そして今月からは、日本テレビとのコラボの音楽番組「MUSIC BLOOD(ミュージック・ブラッド)」を開始した。金曜日の深夜23時(午後11時)からの放送。俳優の田中圭さんと千葉雄大さんが司会を務める。smash.では、地上波の放送終了直後より、地上波では放送されない「UNCUT」映像にて視聴者に届けていく。筆者も1回目のUNCUTをsmash.で見たが、一人のメンバーの演奏を近距離でずっと眺められることに驚いた。

今、放送業界は大きな転換期を迎えている。いや放送だけでなく新聞雑誌を含むすべてのメディアがそうなのかもしれない。今後、このsmash.と連携する番組は続々と登場することだろう。

[日経MJ2021年4月11日付]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経MJをPC・スマホで!今なら2カ月無料

 ヒット商品の「売れる」理由を徹底リサーチ。売り場戦略から買い手の最新動向まで独自に取材。「日経MJビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経MJをPC・スマホで!今なら2カ月無料

 ヒット商品の「売れる」理由を徹底リサーチ。売り場戦略から買い手の最新動向まで独自に取材。「日経MJビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン