/

この記事は会員限定です

東哲郎(11)日米半導体協定

モトローラ製販売で苦楽 進化する産業の最前線に立つ

[有料会員限定]

1986年、日米半導体協定が結ばれた。NEC日立製作所など日本のメーカーが半導体メモリーのDRAMを不当に安く売っているなどと問題になっていた。日本市場で外国系半導体のシェアを20%に高めよ。そんな要求へと発展していく協定だ。

激しい貿易摩擦の一方で、業界は不況色が強まっていた。パソコンやゲーム機、VTRに使う半導体の需要が減り、設備投資が低迷した。

そもそも半導体は業績のぶれが大きい産業だ。東京エレクトロンも製造装置に過度に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東哲郎

日本最大、そして世界3位の半導体製造装置メーカー、東京エレクトロン。ベンチャースピリットに満ちた同社トップに40代半ばの若さで抜てきされたのが東哲郎さんです。ITバブルの崩壊による業績悪化、幻に終わった米社との経営統合……その道のりは決して平たんなものではありませんでした。パソコンからスマートフォンへと主役が交代する激動の時代を舞台に、挑戦の物語が繰り広げられます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン