/

この記事は会員限定です

日本外食全史 阿古真理著

五輪と万博で変わった風景

[有料会員限定]

今から半世紀前、東京の下町の盛り場で立ち食い寿司屋に入った。「十円寿司」の看板通り、ネタは透けて見えるほど薄かったが、ねじり鉢巻きの職人が目の前で握り、レジに料金を告げるときは符丁を使った。

回転寿司のはじめは1958年に東大阪市で誕生した「廻る元禄寿司」で、やがて全国に広がった。レーンの中の職人が注文を聞いてくれるので、町場の寿司屋のにおいが残っていた。

昨今の回転寿司はタッチパネルで注文すると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り695文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン