/

この記事は会員限定です

伊集院静「ミチクサ先生」(305)

[有料会員限定]

鰻(うなぎ)を食べ終えると、子規のことがよみがえって来た。

「菅さん、正岡子規君の霊前に手を合わせに行きたいのだが」

「おう、それはいい。そうしよう」

二人は根岸の子規庵にむかった。

玄関先で金之助が声を上げると戸が開いて、妹の律があらわれた。律は金之助の顔を見ると、大粒の涙を流しながら、「夏目先生」と消え入りそうな声を上げた。

「昨日、帰りましてね」

母の八重が奥から出て来て同じように涙も拭おうともせ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り625文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン