/

この記事は会員限定です

人権外交は奏功するか

宮本雄二氏/アイリーン・ドナヒュー氏/デイビッド・マカリスター氏/デウィ・フォルトゥナ氏

[有料会員限定]

バイデン米政権の発足で人権外交が注目されている。自由や平等は人類が積み上げてきた権利であり、侵害は許されない。とはいえ、他国への過度の口出しはあつれきを生む。人権問題にどう取り組めばよいのか。

◇  ◇  ◇

国益を見据え総合判断 宮本アジア研究所代表 宮本雄二氏

国際法においては内政不干渉が基本原則だ。中国は人権抑圧を指摘されると、「これは内政だ」と反発する。だが、国連憲章は「人権および基本的自由の普遍的な尊重」をうたい、人権規約も定めている。中国のい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3765文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン