/

この記事は会員限定です

「自治」に向けたEUの戦い ハビエル・ソラナ氏

スペインESADE世界経済・地政学センター長

[有料会員限定]

世界保健機関(WHO)が2020年3月に新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を宣言したころから、レジリエンス(回復力)という言葉が頻繁に使われている。レジリエンスを脆弱の対義語ととらえ、コロナ危機下では多くの家庭や企業に期待できるものだと考える人は少なくないだろう。だが、社会目標としてのレジリエンスは野心を欠く。脆弱にあらがう「反脆弱」はより大胆なもので、特に欧州は追求すべきだ。

「ブ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1722文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン