/

この記事は会員限定です

帝国の遺産 サミール・プリ著

摩擦と紛争生む認識のずれ

[有料会員限定]

新型コロナの世界的流行は続いているが外交が徐々に動き始めた。この動きは、コロナ前の延長線上にはない新しい国際秩序の模索と形成の方向に向かっている。世界の耳目を集めたアンカレッジでの米中外交トップの口論はこの動きの号砲と見なしてよいかもしれない。

本書はまだ姿を現さない将来の国際秩序像を考える上で刺激的な書物である。本書の視角は、現代世界を世界史上初めての帝国不在の世界と捉えるものである。古代以来、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り715文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン