/

グランピングで新機軸 マザー牧場(千葉県富津市)

おもてなし 魅せどころ

NIKKEI MJ

老舗観光施設「マザー牧場」(千葉県富津市)が2019年9月の台風被害に続く新型コロナウイルスの感染拡大のなかで集客に奮闘している。通常営業を再開した2月中旬までは車で施設内を巡るドライブスルー型の営業を実施。6月に豪華なキャンプを楽しめるグランピングも導入し、新たな客層を呼び込む。

マザー牧場が6月に開設するグランピング施設のイメージ

「ここが営業してくれないと困るんです」。たびたび訪れるという、千葉市在住の若い夫婦が草原で幼児3人を遊ばせながら笑顔を見せた。春が訪れ、週末を中心に園内は家族客でにぎわう。特に3月21日に首都圏で緊急事態宣言が解除されて以降は「客足が戻ってきた」(同社宣伝課)。

2月20日に一部を除き通常営業を再開したが、1月16日から2月19日は緊急事態宣言もあり「ドライブスルーファーム」としてマイカー客のみを迎えた。普段は車で入れない約5キロのコースを園内に設定。車内からアルパカなど動物たち、斜面を黄色に染める菜の花、好天なら雄大な富士山を眺められると訴えた。

この1年半ほどはかつてない苦難が続いた。19年9月の房総半島台風では多くの建物が損壊し、倒木や長期の停電もあって約3週間の臨時休業を強いられた。復旧を進め、春以降の集客に備えつつあった矢先に新型コロナに見舞われた。臨時休業は40日間、通常営業ができない期間も120日以上となった。

売り物である約20種類、900頭の動物との触れ合いイベントや牧場の新鮮な食材を生かした飲食の提供などが制約され、通常は年間80万人台だった来場者数が20年は7割減の50万人台に落ち込んだ。年間1万人程度あった訪日外国人の来場も失われた。

ドライブスルー自体、最初の緊急事態を受けた苦肉の策だった。20年7月中旬に通常営業ができるまで約3カ月、対象地域を広げつつ実施。「他人と触れず安心」「小さい子や足が弱い高齢者連れでも楽」と好評だったため、21年1~2月に閑散期のてこ入れも狙って再投入した。

収入減を補い、飼育する動物たちの餌代や施設の充実などにあてるためクラウドファンディングにも挑んだ。20年12月下旬までの募集期間に最初の目標額の1000万円を上回る1800万円余りが集まった。

新機軸も打ち出す。千葉県香取市で農園リゾートを手掛けるザファームと提携。6月15日、1万平方メートルほどの敷地に9種類21棟のテントを構えるグランピング施設を設ける。宿泊料金は3万~4万円台。牧場の食材などをバーベキューで提供するほか、宿泊者に特別なイベントも用意する。

22年2月の創業60周年に向けて、施設の魅力を高めながら引き続きコロナに立ち向かう。

(千葉支局長 真鍋正巳)

[日経MJ 観光・インバウンド面 2021年4月5日付]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経MJをPC・スマホで!今なら2カ月無料

 ヒット商品の「売れる」理由を徹底リサーチ。売り場戦略から買い手の最新動向まで独自に取材。「日経MJビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経MJをPC・スマホで!今なら2カ月無料

 ヒット商品の「売れる」理由を徹底リサーチ。売り場戦略から買い手の最新動向まで独自に取材。「日経MJビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン