/

この記事は会員限定です

恋するアダム イアン・マキューアン著

人造人間が語った愛の言葉

[有料会員限定]

投資で日銭を稼いでいる32歳の「わたし」チャーリーは、上階に住む10歳年下のミランダの気を惹(ひ)くために、アダムという人造人間を購入した。

アダムの性格を決定づける作業を分担して行うことで、家族のように親密になろうと考えたのだ。しかし、目覚めたアダムは面識がないはずのミランダを「嘘つきである可能性がある」と告発した――こんな筋書きで想像するのは、10年か15年ほど未来を描くSF小説かもしれない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り681文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン