/

この記事は会員限定です

ディズニーと動物 清水知子著

矛盾する自然観が問うもの

[有料会員限定]

ディズニーの動物、というと、誰もがまず、ミッキー・マウスやドナルド・ダック、あるいはグーフィーといった人気キャラクターを思い浮かべるだろう。しかし、動物は、ただかわいい人気者であるに留まらない。

たとえば『バンビ』の一場面で銃声が鳴り響く。人間の姿こそ現れないが、この銃声は、愛らしい主人公が、実は人間の狩猟の対象となりうることを観客に知らせる。一方、白雪姫が、森をさまよった末にたどりついた小屋の掃...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン