/

この記事は会員限定です

結城紬の優美さ 繭から始まる手業

栃木・小山の絹織物原料「袋真綿」 後継者育成に奔走 永田順子

[有料会員限定]

栃木県小山市の東部、鬼怒川に面した農村はかつて桑村・絹村と呼ばれるほど養蚕が盛んな地域だった。このあたりで織られる紬(つむぎ)の歴史は古く、奈良時代には朝廷に納め、江戸時代には町人らの間で高級絹織物として知られた。しかし今、糸の原料となる「袋真綿」の生産者が減り、なんとか自前で賄えないかと後継者の育成に奔走中だ。

私は紬に必要な伝統的な技術を持つ本場結城紬伝統工芸士の一人だ。技の特徴のひとつに、ぬ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1210文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン