/

この記事は会員限定です

伊集院静「ミチクサ先生」(295)

[有料会員限定]

子規の母、八重は子規が五歳の時、夫の正岡常尚を亡くす。八重は実家に戻らず息子を一人前に育てる決心をし、息子の教育を実父の大原観山に委ねる。伊予の漢学者であった観山は、孫であっても手を緩めることなく厳しく教育し、子規は若くして驚くほどの漢籍の素養を身に付ける。その力量は若い金之助が感心するほどで、文章、俳句、短歌から浄瑠璃の戯作にまで挑んでみせる。

子規は己を信じ、友(漱石)を信じる真っ直(す)ぐな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り799文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン