/

この記事は会員限定です

さらば「日本一」の将棋道場 40年間対局見続け

藤井二冠らプロも集う真剣勝負の場 芳賀徹

[有料会員限定]

かつて「日本一の将棋道場」と呼ばれた新宿将棋センター(東京・新宿)が3月末で閉鎖され、約半世紀の歴史に幕を下ろす。私は40年の歳月を精いっぱい、センターと共に歩んできた。羽生善治九段、藤井聡太二冠をはじめ多くのプロ棋士、お客さんとの思い出が頭の中を駆け巡る。

働き始めたのは1980年。当時は現在の新宿西口ではなく、歌舞伎町にあり、お酒が入った荒っぽい客もいた。勤務初日から客同士の殴り合いという警察...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン