/

この記事は会員限定です

桜が語ること 震災から10年、東北の春を撮り続けて

変わる風景と人々の記憶を未来に 大沼英樹

[有料会員限定]

今年もまた、全国各地から桜の便りが届き始めた。東日本大震災から10年を迎えた被災地にも春がやってくる。2011年、風景の中で咲き誇る桜を忘れることはない。写真家として、変わっていく景色とその記録を届けたいと、被災地の桜を追いかけた10年だった。

震災前から桜を追い続けてきた。春になると、車に布団を積み込み、桜前線が北上していくのに合わせて写真を撮った。桜の樹の下で楽しそうに花見をする人や、語らう家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン