/

この記事は会員限定です

復興へ希望の奏で 音楽の「わ」

会社ぐるみで被災地巡るコンサート 服部真二

[有料会員限定]

東日本大震災が起きた年の夏、私は福島県喜多方市と岩手県一関市の酒蔵で初のチャリティーライブを開いた。亡きジャズピアニストの前田憲男さんが弾いたのは、被災し一部の鍵盤が鳴らなくなったピアノだった。 

客席の皆さんの目を見て、私は胸が熱くなった。たとえ欠けている音があったとしても、前田さんの奏でるハーモニーは酒蔵に集まった人々に寄り添い、心をひとつにしていた。このままチャリティーを続けていこう。そう誓...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1206文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン