/

この記事は会員限定です

東京湾に咲く投網の大輪 発祥は九州・熊本

漁師町だった浦安の名残 伝統技で伝える 内田守吉

[有料会員限定]

千葉県浦安市の空を彩る大輪といえば? 東京ディズニーリゾート(TDR)の花火が有名だが、かつては熟練の漁師が打つ投網だった。半径約6メートルの網が円く広がって着水する様子は本当に美しかった。漁師だった私は「浦安細川流投網保存会」の会長として技術を次の世代に伝えている。

かつて漁師町だった浦安の地名には「安らかな浦」という願いが込められている。1936年生まれの私は、実家も養子に行った先も旧江戸川の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1207文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン