/

この記事は会員限定です

荻原浩「ワンダーランド急行」(62)

[有料会員限定]

2.似ているがここは私の世界じゃない 35

私のデスクは吉武さんの向かい側に変わっていたが、リトルゴミ屋敷ぶりは健在だった。

行動予定ボードに並んだ、部長の『村尾』以下、『野崎』『吉武』『多田』と並んだ名前の一番下には、『倉持』という名札が掲げられていた。企画一部のもう一人だった、新入社員の阪本はどこへ行ってしまったんだろう。

倉持という名を懸命に思い出そうとした。目を閉じ、具の少ない豚(トン)汁...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り696文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン