/

この記事は会員限定です

中国海警法 日本の対応は

石破茂氏/向田昌幸氏/青山瑠妙氏

[有料会員限定]

沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海に中国海警局の船が頻繁に侵入している。海警局に武器使用を含む強力な権限を与える海警法が2月に施行されたことで緊張が高まり、不測の事態が起きるリスクも増した。日本の領海警備をめぐる課題と対応策を識者に聞いた。

◇  ◇  ◇

領域保全に法的根拠を 元防衛相 石破茂氏

中国は1840年のアヘン戦争以来の屈辱の歴史の恨みをいつか晴らしたいと考えているのではないか。香港への対応も台湾をにらんでいるだろうし、台湾統一のた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4006文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン