/

この記事は会員限定です

対中政策、米に3つの選択肢 イアン・ブレマー氏

米ユーラシア・グループ社長

[有料会員限定]

気候変動や新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)、中東関係など米国が抱える課題への対応で、バイデン大統領の政策優先事項はトランプ前大統領とは根本的に異なる。だが、2人の意見が一致していることが一つだけある。米国を脅かす唯一の地政学的ライバルは中国だという点だ。この見解は政権全体が共有しており、米中関係の「戦略的見直し」に着手している。政権内では3つのアプローチが固まりつつある。

1つ目は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1751文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン