/

この記事は会員限定です

パックマン、インベーダー…懐かしのゲームに再会

修理して遊べる博物館 23年再開へ 辻哲朗

[有料会員限定]

「ワニワニパニック」「スペースインベーダー」「パックマン」に、各種のピンボール。私が館長を務める日本ゲーム博物館は、懐かしのアーケードゲームを約300台、ピンボール160台ほどを所蔵し管理している。壊れた筐体(きょうたい)でも購入し、海外から説明書や部品を調達して直し続けてきた。失われつつある古きよきゲームたちを、後世にどうにか残していきたい。

博物館は愛知県犬山市にあったが、移転のため現在は休館...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1216文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン