/

クリエーターがけん引するSNS 「稼げる」仕組み作り 新経済圏に

先読みウェブワールド (藤村厚夫氏)

NIKKEI MJ

米ツイッターは最近になって、今後の3年間で売り上げをほぼ倍増する意欲的な事業計画を打ち出した。同サイトのアクティブな利用者数を、大きく伸ばすことで実現しようというものだ。同社は米国市場では約9000万人ものフォロワーを誇ったトランプ前大統領のアカウントを永久停止するなどしており、利用者増のためのテコ入れ策が求められていた。

大手SNSはクリエーターが活躍できるような仕掛けも工夫する=Sipa/AP

ここで注目されるのが「クリエーター・エコノミー」という考え方だ。作家や音楽家といった創造的な能力を持つ人々の経済活動のことだが、今では「ユーチューバー」、「インスタグラマー」、「ティックトッカー」と呼ばれるような、大手SNS(交流サイト)を舞台にして活躍する人々の活動が巨大な経済効果を生むことを指す。

端的なのはユーチューバーだ。日本でも月収数百万円を誇るようなクリエーターが何人も存在する。これらの活躍でファンが集まり、その舞台となるSNSに大きな収入をもたらす。ここに目をつけた各種SNSやネットサービスは、ユーチューブを追うようにして、クリエーター向けの施策を打ち出しているのだ。

ツイッターの利用者拡大計画でも、活躍するクリエーターがそのフォロワーに課金してもらえる仕組みをいくつも投入する。たとえば「スーパーフォロー」。これによりクリエーターは購読者だけが読める投稿表示機能や、音声会話の場を設けたりできる。

「フォロワーと直接つながり、収入を得る」。これがクリエーター・エコノミーの原動力。ユーチューブも広告収入をクリエーターに還元するだけでなく、「スーパーチャット」という投げ銭機能を「ライブ」向けに始めた。

ふじむら・あつお 法政大経卒。アスキー系雑誌の編集長、外資系IT(情報技術)企業のマーケティング責任者を経て2000年にネットベンチャーを創業、その後の合併でアイティメディア会長。13年からスマートニュース執行役員。18年7月からフェロー。東京都出身。

クリエーターの舞台はSNSだけではない。海外ではコロナ禍でライブ公演など活動の場を奪われた、アーティストらを支援する仕組みが活況を呈している。音楽アーティストなどを支援するクラウドファンディングの「パトレオン」も急成長している。この動きに刺激を受けた老舗音楽ストリーミングの「サウンドクラウド」は、利用者がアーティストを指名して購読収入を支払うファンビジネスのモデルへと変更を計画する。またスポーツ選手をはじめとする著名人が、ファンにあてた動画メッセージを販売できるサービス「カメオ」も米国で話題になっている。

クリエーター・エコノミーは、さらにジャーナリズムの分野にも広がっている。米国では、有名メディアに属して活動してきた著名ジャーナリストが、続々独立してニューズレター(メルマガ)を立ち上げる動きが盛んだ。たとえば、メルマガ配信サービスの「サブスタック」は、著名ジャーナリストに報酬などを保証するなどして派手な引き抜きをおこなっている。

このようなクリエーター・エコノミーの広がりの背景には、コロナ禍で収入手段が限られてしまったクリエーターの存在がある一方、ファンやフォロワーから直接支払いを得ようとする「広告離れ」の要素もありそうだ。「稼げるクリエーター」の争奪戦と、広告にとどまらない「稼ぐ仕組み」の開発ラッシュが、新たな経済圏を盛り上げそうな気配だ。

[日経MJ2021年3月8日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJをPC・スマホで! まずは1カ月無料体験

消費と流通の未来を先取りする、最先端の情報を発信。「日経MJビューアー」ならスマホ・タブレット・PCで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験。

日経MJをPC・スマホで! まずは1カ月無料体験

消費と流通の未来を先取りする、最先端の情報を発信。「日経MJビューアー」ならスマホ・タブレット・PCで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン