/

この記事は会員限定です

学名の秘密 スティーブン・B・ハード著

命名に隠れた研究者の意図

[有料会員限定]

私たちの知る生物にはそれぞれ学名がつけられている。現在用いられている生物種の学名は、18世紀の博物学者リンネが発明した方式に基づいている。

リンネ以前、生物種の名前は種の特徴の描写と識別のためのラベルという2つの機能をあわせ持っていた。そこへリンネが登場し、種の名前を識別のための単なるラベルとすることを提唱した。種の特徴については、そのラベルを利用して文献で調べればよいとしたのである。

リンネの命...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り699文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン