/

この記事は会員限定です

伊集院静「ミチクサ先生」(267)

[有料会員限定]

「ハッハハ」

金之助が声を出して笑った。

隣りに座る美濃部が驚いて自分を見ているのに気付いたが、そんなことはかまわないと思った。ひさしぶりに腹の底から笑ったと思った。

「夏目さん、失礼ですが、今の場面はそんなに面白かったですか?」

うん?と金之助は青年を見返し、

「あなたが言ったように、これは風刺劇です。あの主人公の青年は、叔父が高利貸しに変装していたのに気付かない。『どうやって返済するんだ?』と聞かれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り620文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン