/

進むVR空間での交流 正確な身体の動き、機器で再現

先読みウェブワールド (山田剛良氏)

NIKKEI MJ

VR(仮想現実)空間で自分の身体を自在に動かしたい――。そんなニーズに応える「フルトラ機器」の開発をパナソニックの子会社が発表した。従来品より安価な製品を夏までに発売する。ブレイク前夜の兆しがあるVRに、なぜ今参入するのか。

シフトールの開発の元となったのがizm氏が開発販売する「ハリトラ」だ

「今後勃興する『VRメタバース』市場をいち早く知りたい。それには製品を売ってみるのが手っ取り早い」と話すのはパナソニックの戦略子会社であるシフトール(東京・中央)の岩佐琢磨社長だ。

シフトールは2月19日、VR用周辺機器「ハリトラックス」を開発すると発表した。今年夏までに3万円を切る価格で発売する。

ハリトラックスは両足それぞれのももとすね、腰の5カ所に取り付けたセンサーで足腰の動きを正確にデータ化する機器。米フェイスブックの「オキュラスクエスト2」のようなVRヘッドマウントディスプレー(HMD)と組み合わせて使うと、全身の動きを仮想空間で正確に再現する「フルトラッキング(フルトラ)」を実現できる。

フルトラ用のセンサー機器はこれまでもあったが、検知精度は高いものの、天井などに専用機器を設置したりする必要がある上、10万円近い追加費用が必要だった。ハリトラックスは加速度と角速度、地磁気の「9軸センサー」だけで四肢の動きを検出する。センサーがシンプルな分、価格を安くできるわけだ。

実はハリトラックスには元となった製品がある。技術者のizm氏が開発し、個人で販売する「ハリトラ」だ。シフトールはizm氏と組み、得意のハードウエア技術を生かしてセンサー部分を安価に量産。ソフトウエアもizm氏と共同開発して提供する。

やまだ・たけよし 東工大工卒、同大院修士課程修了。92年日経BP社に入社、「日経エレクトロニクス」など技術系専門誌の記者、日本経済新聞記者を経て16年から日経テクノロジー・オンライン(現・日経 xTECH)副編集長。17年10月から日経ものづくり編集長も兼任。京都府出身

岩佐氏は2020年の秋頃から本格的にVR空間を探索し始め、仮想空間内で交流を深めるSNSなどに参加してVRメタバースの面白さを体感してきた。フェイスブックのようなテキストや画像が中心のSNSとは異なる魅力があると話す。

VR空間では誰もがCGの身体「アバター」を身にまとって交流する。装着したVRHMDが検出した身体の動きが、VR空間内に再現されるわけだ。だが通常のVRHMDは上半身の動きだけしか検出できない。このためVR空間内の振る舞いもぎこちなくなる。VR空間で他のユーザーと交流を深めていくと「フルトラの表現力が必ずほしくなる」(岩佐氏)という。

シフトールは今回、VR空間で使えるデータの販売も始めている。第1弾はパナソニックのデジタル一眼レフカメラの3Dデータで、VR空間内でアバターがパナソニックのロゴ付きのリアルなカメラを持てるようになる。

価格をつけて販売したのにも理由がある。無料配布ではダウンロードした人が本当に使っているかがわかりにくい。「有料販売ならどんな層のユーザーにどれくらいニーズがあるかなどを的確につかめる」(岩佐氏)

シフトールにとってパナソニックがまだ手を出せない市場に、いち早くチャレンジするのも重要な役目。勃興しつつつあるように思えるVRメタバース市場は、大手各社が虎視眈々(こしたんたん)と狙う「次の市場」なのだ。

[日経MJ2021年3月1日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJ

創刊50周年を迎えたマーケティングの専門紙「日経MJ」のコンテンツをまとめてお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン